金属の詰め物と白い詰め物の違いってなに?患者様の疑問にお答えします

みなさんこんにちは!

門前仲町にある「かすが歯科」です。

 

虫歯になって治療をすると「詰め物をします」と言われたことはありませんか?

この詰め物とは金属のものと白い樹脂の2種類があります。

今回はこの2つの違いについて解説していきます。

 

  • 白い樹脂の特徴

白い樹脂は歯科用プラスチックと呼ばれています。

小さな虫歯の治療などに使用され、金属と比較すると審美性が高いことが特徴です。

虫歯を必要最低限取り除けば良くなり、歯科用プラスチックの登場で虫歯治療は劇的に変わったと言っても過言ではありません。

 

  • 金属の詰め物の特徴

金属の詰め物は熱伝導性があるため、飲み物や食べ物の温度を伝えやすいです。

また、歯科用プラスチックと比較して強度があるため大きな虫歯の治療に使用されます。

型取りが必要になるため、歯科用プラスチックと比較して通院回数が多くなるデメリットもあります。

 

どちらの詰め物であっても保険診療の適応範囲内です。

患者様の希望をお聞きながら治療を進めていきますので治療に関するご希望がありましたらお申し付けください。

関連記事

  1. 門前仲町周辺で歯の治療が途中の方は当院へご相談ください!

  2. 歯の生えるスペースを確保!保隙装置について解説します

  3. 入れ歯のずれは生活の質を低下する可能性があります。

  4. タバコだけではない?COPDの原因に歯周病も入るのか

  5. 入れ歯を正しく管理しましょう!保管方法を見直しませんか?

  6. 思春期に起きる歯周病!お子さんのお口の健康を守りましょう